🇩🇪 多彩で多色、カオスで雑多なドイツの日常から時事のテーマも気ままに綴る身の丈自由帳 🇪🇺

🇩🇪 多彩で多色、カオスで雑多なドイツの日常から時事のテーマも気ままに綴る身の丈自由帳 🇪🇺

流行りの風邪とドイツのマスク事情

by Jade

【私の狭い半径内での話です】新型ウィルスが蔓延し、数日前にはイタリアが国境を封鎖する事態にまでなっています。南ドイツやバイエルン州では状況が違うかもしれませんが、北ドイツですとまだまだテレビの中のニュース、「対岸の火事」的に思っている人がほとんどです。

私は日本のニュースも読んでいますし、もう少し緊張感を持ったほうがいいような気もしていますが、だからといって何か対策を取っているかというと何もしていないのが現実です。

先日は日本のニュースでマスクが不足しているという記事を読みました。
そこではっと気がついたのですが、私はドイツでどこでマスクが買えるのか知りません。知人友人、仕事で会う人たちからご近所さんからとりあえず会う人たち皆さんに聞いてみましたが、マスクが実店舗のどこで買えるか誰も正確に知らない。「マスク?何に使うの?」程度の認識です。

「薬局ならあるんじゃないの?」
「ドラッグストアで聞いてみれば?」
「…ネットなら売ってると思うよ、ebay見てみた?」
「知らん」
…以上4択、ここから選べと私が強要したわけではないですし、4人の人だけに聞いたわけでもありません。それなりの人数の人に聞いてみました。
 他の答えは今のところありません。

唯一の例外は歯医者さんで「あーうちは業者から買ってるから」
…ですよね。

有名な話かもしれませんが、ヨーロッパの人たちはマスクをする習慣がありません。
ドラッグストアに行って「マスクどこにありますか?」と聞いて教えてくれた場所はお肌のお手入れ用マスク売り場(ちっがーう!😩)
それでも買えないことはないだろうと私はインターネットを見てみることにしました。私はebayにはアカウントを持っていないのでとりあえずamazonで。

日本のアマゾンさんにあるようなこういうようなのをうちにも少し買いだめしておこうと思い(買いだめはいけないのは知っています、すみません)、検索してみました。

ドイツのアマゾンでマスクを検索してみると。

え?カーニバルの時期だからでしょうか??
いや違うって、そのマスクじゃないの、そういうのじゃないんだってばというようなマスクばっかり、そんなはずはないとページを追っていってもなんか違う…ってそれそのまま防空壕に行くときに装着するやつじゃないの??というような超本格的なマスクとかお肌をつやつやにするマスクはあるのですが、違うのそれじゃないの、普通のマスクを探しているの、給食当番で使うようなやつだってhばと、思い直して別の言葉で検索してみてわかりました。

「メディカル」+「マスク」で検索するのです。
これならドイツのアマゾンでも日本のようなマスクが買えます。
ここ数日で、日本でいう「マスク」を指す単語がドイツ語にはないとその事実がわかりました。

ちなみにアマゾンの本国、米国のサイトで「マスク」で検索すると多種多様、色んな「マスク」が出てきてこれもお国柄が出ているように思います。

私はどこで「普通のマスク」が買えるかわかって感動していますが、たとえばドイツの人たちに「メディカル用のマスク、アマゾンで買えるよ」と教えてあげても、強制にでもならないかぎり誰も買わないと思います。
理由は簡単。ドイツの人たちはマスクでウィルス感染が予防でいると思っていないからです。風邪の予防といえば、手を洗うこと。この違いなのだと思います。うがいもドイツの人はしないと思います。

…という私も実はマスクを装着する習慣がありません…きちんとまじめにマスクをしたのは日本での小学校の給食当番の時。そして今は金属を使って制作するときの粉塵マスク…よく考えてみたら、そうか粉塵マスクこそ一番身近な私の「普通のマスク」なのでした。

以上、狭い範囲内での私の身近なマスク事情でした。

You may also like

 Copyright © All Rights Reserved.